残暑で体調不良・・・それって「クーラー病」かもしれません!?

スポンサーリンク

こんにちは、HIKAです。

残暑が厳しいですね・・・
体調は大丈夫ですか???

HIKAは頭痛、だるさ、筋肉痛、食欲不振など💧💧
オッサンまっしぐらでへこみます( ノД`)シクシク…

でも周りの話を聞いていると、
若い人にも同じような症状がチラホラいるようで💧

「そんなのただの夏バテだよ!」

そう言われてしまうとぐうの音も出ませんが💧
よくよく調べていくと、
夏バテとはすこし違うようでしたので
ご紹介します!

夏バテと思い込んでるアナタ!!!
ホントは違うかもしれませんよ・・・?

結論から言うと、

クーラー病

一種の「冷え」が体の不調を引き起こすようです。
暑いと熱中症や脱水症状の危険性が高いため、
適切にエアコンを使うのは大事です!

でも、そこに見落としがちな落とし穴が・・・

まず「冷え」の原理について学びましょう!

私たちの体は、暑いとき
体の中の血管が開き(拡張して表面積を増やし)熱を放出します🔥

いっぽう、寒いとき
体の中の血管が閉じ(収縮して表面積を減らし)熱を逃がします⛄

暑いときに汗をかくのは、
拡張した血管から血液の成分の一部が皮膚の表面に現れ、
気化するときの放射熱で身体を冷ましているんですね!

雪山で凍傷になるのは
血液が心臓や脳などの重要な部位に集まり、
毛細血管が寒さで収縮して血液が循環しなくなるため
細胞が壊死してしまうことで発症します。

ここで大切な役割を持つのが「自律神経」
周りの温度に合わせて、
血管を拡張したり収縮したりコントロールしています。

ところが、暑い屋外とエアコンの効いた屋内を行き来するたび、
自律神経がその都度命令をだします。

その差が大きければ大きいほど、
自律神経が必要とするエネルギーも大きくなります。

するとどうなるか・・・

自律神経が疲れてくるんです!!!

自律神経が崩れてくると、
血管の拡張・収縮命令が正常に機能しなくなり、
体温調節ができなくなっていきます。

それによって

「あれ?冷えてるのかな???」

知らないうちにエアコンの温度を下げ過ぎていることがあるんです!
いっしゅのマヒ状態ですね・・・💧

また、自律神経は体のバランスそのものを司どっています。

睡眠障がい
食欲不信
疲労回復の妨げ
筋肉痛
免疫力の低下、などなど

体のあらゆる不調を招いてしまうのです!

その人の弱いところに現れやすいため、
HIKAは消化器・循環器に出てしまうようです( ノД`)シクシク…

まだまだ残暑が厳しいとはいえ
朝・晩はだいぶ涼しくなってきました。

ただでさえ気温差が大きい今の時期、
エアコンの使い方も難しいですよね・・・

着ているもので調節できるぶんは調節して、
体の内部=自律神経
無理させないようにしましょう!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA