暑かった平戸釣行!!!イシダイが2枚と真鯛が1枚

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです

昨日の朝からチャレンジした宮の浦釣行!

昨晩遅くに家に帰りつき、ひとまず爆睡(ノД`)・゜・。
昼前に起きてからは魚の下処理と
道具の後片付けに追われました

ケータイのGPSやWi-Fiをオンにしっぱなしで、
あっという間にバッテリー切れ・・・

電波の入りにくい場所では、
確実にオフにしておこうと心に決めました(笑)

釣果としては、
イシダイが2枚(38cmと42センチ)
真鯛が1枚(41センチ)

クロも何枚か釣りましたが、
どれも20cm弱だったためリリースばかり

中型を3枚、お土産に持って帰りました

イシダイが喰ったのは正午過ぎ、
ちょうど潮が下げにはいったときでした

完全に置き竿してたんですけど、
竿先がピクピクし始めたのを見て準備(笑)

すぐには喰いこみませんでした
サシエを付けなおして同じポイントに再投入!

同じタナで竿先にアタリがあります!
海底から1~2mほどの深さです・・・

2回目のアタリも不発・・・
そのまま4~5回連続でアタリがくるも、
なかなか反転してくれません( ノД`)シクシク…

「ここで焦ったら今までの苦労が台無し!」

HIKAの20年になる釣り経験がそう言います!

同じサシエ、同じタナに沈めてアタリをさぐり、
少しずつ糸を出してやると・・・

竿先をガツンと海面まで持っていきました!!!

「喰った!!!」

思いきり竿を引き戻して鈎がかりさせます!
胴に乗せた感触から、そこまでの大物じゃないことは
すぐに分かりました

イシダイはとにかく短期決戦!!!
根に張り付かれるとワイヤーが切れなくて大変なため、
いっきに海底から引き剥がします!!!

ゴリゴリ巻くこと2分、
綺麗な横縞の魚体が見えました

1枚目は42cmのメスです

「同じポイントにまだいるはず・・・」

イシダイの習性として、
群れてはいないものの同じような場所に
縄張りをもっていることが多いです!

これ、ダイビングで潜ったときに気づきました

予想通り、同じタナでアタリが続きます!

4~5回エサを盗られたあと、
再び竿先を持っていきました!!!

「キターーーーーーーー!!!!!!」

2回目はさっきより引きが弱いです( ノД`)シクシク…

「40超えないなぁ・・・」

とか贅沢なことを考えながらゴリ巻き(笑)

思ったとおり、
38cmのイシダイでした

このあとも何度かアタリは続きました。
・・・が、本アタリまで喰いこむことはなく、
ほんの40分ほどで時合が終了

アタリが消えたため、
再び置き竿にして真鯛釣りに集中しました

眠気のビークなため、
今日はここらへんで勘弁・・・( ノД`)シクシク…

真鯛を釣った様子については、
明日にでもアップします

でわでわ、おやすみなさいませ~~~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA