平戸での真鯛🐟宮の浦ではこう狙え!!!

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです🎣

連休中の平戸釣行、最終回です(笑)

釣れる釣れないは別として、
宮の浦の真鯛釣りはコツがあります🐟

ここに通い詰めて10年以上・・・
何度もバラシて仕掛けを流して得た答えです!!

ずばり、

「上げ潮の潮止まり前後を狙う!」

ほとんどこれです!!!

そして何より盲点なのが真鯛のタナ!

海底まで竿3本以上あるのに、
真鯛が喰ってくるタナは竿1本半(10mほど)

これは尾上島だろうが頭ケ島だろうが、
なぜだか変わりません!!!

海中の様子を想像すると、
海面と海底の中間ほどをカゴ(撒き餌)とサシエが流れるんです🌊

およそ真鯛の喰いつきそうな状況じゃないのに、
いっつもこのタナ・・・

黄金の1本半✨

とHIKAは読んでいます(笑)

宮の浦の上げ潮は潮流が速く、
仕掛けが浮き上がってしまいます。

潮止まり前後で
本流に引かれる反転流に仕掛けを投げ入れ流します🌊

もう道糸の限界まで流しちゃいます!!!
仕掛けの回収が死ぬほど大変ですけど、
釣るためには仕方ありません💧

今回も上げ潮に乗せて、
120mほど流したあたりでHITしました🐟

時間帯は夕まづめが終わった19時過ぎ🌇
ちょうど干潮だった潮の上がり始めです!

この辺は本流でも比較的流しやすいので、
本流のど真ん中に仕掛けを投入!!!

真鯛もですけど、
尾長が来ることもひそかに期待しての釣りです🎣

カゴは12号
ラインは8号
ハリスは10号

根掛かりの心配がないため、
ハリスのほうを太くして釣ります!

・・・ちなみにイシダイ仕掛けは夕方までで、
暗くなってからは納竿しています💧

真鯛が喰ったのは20時前、
納竿間近でエサを撒きまくったころです(笑)

左沖に流れる潮に乗せて流していると、
スパっとウキが消しこみました!!!

ラインが走るほどではなかったため、
大型でないことは明らか( ノД`)シクシク…

それでも本流に逆らって巻くため大変です💧

タナを1本半にしているぶん、
根掛かりの心配もありません
むしろ、イシダイのほうが根掛かり率高し⚠

10号ハリスを切られることもなく、
順調に巻き上げたら奇麗な40cm弱の真鯛ちゃん🐟

食べごろサイズですね🎵

真鯛は刺身(鯛めし用)とアラ炊きに☆
イシダイは皮を湯引きしてお刺身とお吸い物☆

食べきれなかった分は天ぷらにして食べました😋

次は11月の3連休に遠征予定🎵
久しぶりに五島列島に行きたいなぁ~~~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA