紅葉シーズン幕開け!九州の名スポット紹介~佐賀県

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです🌾

さぁ今回もはりきって、
九州の紅葉スポットを勉強しましょう(笑)

今回は佐賀県!!!
福岡県には数で及ばないものの、
全国的に有名なスポットでは福岡を凌ぎます!!!

全国魅力のある都道府県47位中46位の佐賀県💦💦💦

11月のバルーンフェスタ唐津くんちに続いて、
この紅葉をアピールしていきましょう(笑)

<西渓公園>
・11月15日(水)~26日(日)孔子の里 紅葉まつりが開催
・JR多久駅よりバス(本多久下車)
・長崎自動車道多久ICより約15分

☞元多久家の家老屋敷を、多久出身の炭鉱王・高取伊好が整備し、
当時の多久村に寄贈した日本庭園。
西渓公園に隣接する多久神社や多久聖廟の紅葉と合わせて、
燃えるような赤や黄色を見ることができる🎵

<大興善寺>
・11月18日(土)~26日(日)ライトアップ「契山の灯り物語」
・11月25日(土)もみじコンサート
・JR基山駅より車で約10分
・JR新鳥栖駅より車で約20分
・九州自動車道筑紫野ICより鳥栖筑紫野道路園部IC経由で5分

☞天台宗の古刹である大興善寺を中心として、
およそ500本のモミジの紅葉が見られる。
古き良き日本情緒はもちろん、
境内でのコンサートもあり見るものを楽しませてくれます🎵

<九年庵>
・11月15日(水)~23日(祝) 一般公開期間
・地元特産品を含めた物産展示・販売も行われる
・JR神埼駅より三瀬脊振行き昭和バス(仁比山神社下車)
・長崎自動車道東脊振ICより約10分

☞全国的にも有名な佐賀県の「九年庵」
明治時代、佐賀の大実業家である伊丹弥太郎が築成した庭園。
作るまでに9年間かかったことから九年庵となった。
庭園を敷き詰める青々とした苔と、
燃えるような紅葉の対比が美しい✨

☞隣には仁比山神社もあり、こちらは「山王さん」と呼ばれる。
729年、京都松尾明神の分霊を安置したことに端を発し、
1200年以上の歴史を誇る。
九年庵とともに紅葉スポットとして有名です🎵

<川上峡>
・JR佐賀駅より昭和バス(ユートピア入口下車)
・長崎自動車道佐賀大和ICより約2分

☞大きな川に沿って山あいの紅葉が楽しめる。
川上峡温泉もあり、近くのホテルや旅館などでは
自慢の川魚料理も美味しいです🎵
官人橋周辺はイチョウが黄金に色づき、
川の青、モミジの赤、イチョウの黄金と色とりどり楽しめます!

以上、佐賀県の紅葉スポット前半戦です🎵

また明日、続きを紹介していきます!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA