2018年ふるさと納税一発目は「海の宝石・大粒の帆立🐚」

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです🌊

2月も終わりに近づいて、
三寒四温を感じますね🌀

明日以降は「春の嵐」が吹くとのこと・・・🌸
花粉症対策も忘れずに、なのです!

さて、まだまだ気分が乗らない火曜日(笑)
明日の活力を蓄えるべく、
妻との晩酌を楽しんどります🍶

そのおつまみをふるさと納税でゲットしたので、
ご紹介しますね🎵

※ふるさと納税関係ネタは随時アップしています!
みなさんも有効活用してくださいね!!!

2018年一発目となる今回は、
北海道の根室市から届いた「帆立貝柱🐚」

1万円ぶんの寄附でいただきました🎁

その容量なんと1Kg!!!
クール冷凍便で届くんですけど、
重量感たっぷりです🎵

↓開けてみるとこんな感じ↓

・・・1粒の大きさが分かりにくいですね💦

日本酒のおちょこと同じくらいです🍶

数えてはいないんですけど、
ざっと50粒はあるでしょうか✨

一回の晩酌に一人3~4個として、
二人で約7回ほど楽しめる計算です(笑)

ここで、HIKAのおすすめ解凍法!!!

せっかくの美味しい素材も、
雑に解凍するのはもったいない!!!

旨みを殺さないようにしたいですよね?

まず、絶対にやったらダメなのが
お湯やレンジでの急速解凍🙅🙅🙅

お肉とかも同じなんですけど、
旨味成分が液体(リキッド)になって出ちゃいます!!!

いくら急いで食べたいときでも、
これだけはNGと覚えておきましょう!

簡単なのは、
食べる前の日に冷蔵室(野菜室がいいかな)に移す。

もっともシンプルな解凍法ですよね🎵

そのとき、
少しだけ塩を振るのがおススメです☆

手でひとつまみ、
パラパラ・・・とするくらいの量。
多すぎると味が変わっちゃいます!

こうすることで、
溶けるときに出る水分を抑えることができます。

表面に薄い塩の膜を張るイメージですね🎵

汁ものに使いたいときは、
日本酒(調理酒)につけて解凍するのもいいです🍶

魚介ものはダシとしても使えるので、
溶け出てきた旨味成分も捨てることなく使えます✨

当日にどうしても食べたいときは、
金属のボウルやフライパンで挟むのもいいです!

↑帆立(解凍したいもの)をラップで包み、ボウルの底に置きます↑

↑上にもボウルを置き、水を入れます↑

熱伝導という
熱は冷たいものから温かいものへ伝わる
という性質を利用します。

レンジやお湯とちがって、
熱が金属を伝って抜けていくイメージです。

最終手段として知っておくと使えますよ!!!

・・・はっ!!!

お得な解凍方法の紹介ばっかりになってました💦

肝心の味の方はというと・・・

(もちろん)

「うま~~~~~い🎵🎵🎵」

熱燗と相性ピッタリです!

ぷりっぷりの食感と、
解凍時に降っていた塩がきいてます!

大葉で包んで、
わさび醤油でいただきました🎵

食べる直前に氷の上に置いてアライにすると、
より身が引き締まっていいですよ!

まだまだ今年もふるさと納税で楽しむ予定です🎊

年末駆け込みも悪くないですけど、
季節ものを楽しむのもオツなものです(笑)

みなさんも調べてみてくださいませ~~~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA