長崎県平戸市宮ノ浦・イシダイ釣りの結果🎣

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです☆

気持ちのいい五月晴れのした、
久しぶりの釣行でした🎣

場所は宮ノ浦・モトバン

上礁したのが朝の5時過ぎで、
夜明けとともに竿だししました🌊

仕掛けをボトムまで沈めて、
そこから少しだけ浮かせてアタリを待ちます・・・

自分は置き竿をしないので、
重たいイシダイ竿を筋トレと思って気張ります(笑)

・・・いや、ダイレクトに魚のアタリを感じたくないですか??

体感ショックを求めて、じっと竿先を見つめます( ˘•ω•˘ )

竿出しして2時間、
まるで反応ナシ( ノД`)シクシク…

10時前に、初めてアタリが来ました!!!

「むむっ、きたか!?」

イシダイは賢い魚で、
すぐにはエサを飲みません🐟

ダイビングをするので、潜ってイシダイの捕食シーンを見たことがありますが、
彼ら(?)はエサを何度かつつき、水を吹きかけるような行動もあります!

異常を感じると、この時点でエサを話します(ぽいっ)

捕食するときは、エサをくわえるやいなや、
反転してその場から去っていきます。

よく昔の人が

イシダイの引きは三段引き

言っていたそうですが、間違ってないですね🐟
アタリがきても、じぃっとガマン!
イシダイが反転するまでラインを出して待ちます・・・

が、最初はすぐにアタリが消えました。
エサを放したのか、または食べ尽くしたのか、
どちらにせよ感触を得たのでワクワクします(^◇^)

そこから昼まではアタリなし・・・
午前中で1回だけ、と淋しい感じです(´;ω;`)ウッ…

お弁当を食べて後半戦へと突入です!

普段は、潮止まりの時間帯になると本命が釣れなくなるので、
穴を狙ってアラカブ(カサゴ)を釣るんですが、
モトバンはドン深で穴がありません。

イシダイ一本にして、真摯に向き合います(笑)

午後2時過ぎ。
ふたたびアタリが来ました!

今回はすぐに止まったため、
仕掛けを回収して再度チャレンジ!

すると、またアタリが来ます・・・

「ここに居着いている奴で、探ってるな?」

そう判断し、
本引きになるまで自分から仕掛けてはいけません!

イシダイ釣りを始めて5年になりますが、
相手が反転する前にアワセをいれると、
掛からないうえに、そのあと食いません!

アタル

止まる

回収

7~8回は繰り返しました。
自分と相手との根性比べ・・・

「いつまで続くかな・・・???」

そう思い始めたとき、
竿先が海面に持って行かれました!!!

「きたっ!!!」

反転した合図です!
それまで伸ばしていた腕を引きながら、
身体を捻じってアワセます!

※自分の釣り方は少し特殊?で、
 アタリが来たら、少しずつ腕を伸ばすんです。

 その分、ラインに余裕が出て、
 イシダイが違和感を感じにくい!
 ・・・と想像しています!

 アワセは竿を上げるんじゃなく、
 体を捻っての戻しアワセです!

・・・講釈が長くて失礼しましたm(__)m

思いきりアワセをいれると胴に乗りました!
イシダイは掛けるまでが難儀ですが、
掛けたあとは力勝負!!!

これがフカセの大型オナガとかだと、
浮かせるまでにやり取りがありますよね・・・

イシダイはラインやハリス(ワイヤー)が太いため、
根に持って行かれないよう短期決戦です!

「50センチくらいかなー」

手ごたえを感じつつ、ゴリゴリ巻きます(笑)

水面に浮かんでくると、見事な横縞が!!

53センチのイシダイ(メス)でした🐟

「夫婦で居着いてるかな~🎵」

一尾釣って気持ちに余裕が(笑)

鼻歌交じりに仕掛けを落とすも無反応・・・
夫婦ではないとわかり、しばらく休憩しました(笑)

それ以降はアタリも特になく、
5時に迎えの船が来て納竿となりました🎣

今回は一人での釣行だったため、
一尾で満足です!

明日は午前中がきつそうですが、
なんとか頑張って起きないと・・・

イシダイは、明日の夕食でいただくことにします!!

今はイシダイや真鯛がいいですし、
梅雨グロも始まってきます!!!

体調を整えて、
天気を見て、
また行きたいなぁ~~~🎣

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA