食中毒注意!アニサキスとウェルシュ菌!!!その②

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです☆

前回は、アニサキスについて紹介しました🐟
今回は、みんな大好き・カレーに注意!
ウェルシュ菌について紹介しまっす🍛

本題に入る前に、ちょっとアンケートを(笑)

「あなたは、どのカレーが一番好きですか?」

①作ってすぐのカレー
②常温のまま1晩以上寝かせたカレー
③冷蔵庫(冷凍庫)で保存して温めたカレー

・・・何番を選びましたか???

選んだ番号によっては、
ウェルシュ菌とお友だちかもしれませんよ?

(ひとまず不安を煽ったうえで・・・)

でわ、詳しく紹介していきますねっ☆

まずは①を選んだアナタ( *´艸`)

材料がホロホロになったアツアツの🍛
すぐにでもかきこみたくなる気持ち、わかります!!

感染危険度は・・・

(ほぼ)0パーセントです(^^♪

次に、②を選んだアナタ( *´艸`)

1晩じっくりと寝かせて、
コクとまろやかさが増した🍛

お肉や野菜の旨みが染み、
まさにカレーの醍醐味ですね!!!

感染危険度は・・・

1晩寝かせて60パーセント!
2晩寝かせると85パーセント!!

・・・おっと、かなり危険度が高いですね~💧

最後に③番を選んだアナタ( *´艸`)

毎回の料理が大変で、
大量に作って保存したんですね?(笑)

そういう自分も、
一度作ると3食分にはなります🍛

感染危険度は・・・

15~30パーセント

おおっと、ひらきがありますね!?

これでピンときた人もいるでしょう。
キーワードは、

温度

なんです!

ウェルシュ菌にとって心地いい温度が、
40℃あたりと研究されています。

つまり、

常温で放置

がイチバン危険なんです!!

しかも、ウェルシュ菌のやっかいなところは、
高温に強い
ということ!

菌が耐熱バリアをまとったようだと考えてください(笑)

なので、完成したあとは、
いかに常温での時間を短くするか!?

これ一本にかかってます!

まずできあがったら、
食べるぶんと保存するぶんに分けましょう。

そのとき、保存するぶんは網状の敷物に置くなどして、
一気に粗熱をとることが大切です。

翌日に食べるぶんは冷蔵。
時間があきそうなぶんは冷凍し、
カレーが常温状態になる時間を極力なくします!

アニサキスと違って、
ウェルシュ菌が増えてしまうと、対処がとれません!

増やさないための予防が必要です!!

このブログを読んでくれているそこのお母さん|д゚)
いくらお父さんや子どもたちが、

「やっぱりカレーは寝かせたものに限る」

と言ってきても、
常温放置はいけませんよ!!!

美味しく健康に、
最後まで楽しくいただきましょう🍛

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA