お米の種類で水加減が違う!?今回購入した銘柄量り炊き機能付きの炊飯器が超つかえすぎ!!!

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです☆
ご飯、自分で炊いてますか??

僕は釣り仲間に農家さんがいて、
たびたびお米や新鮮な野菜をいただけまふm(_ _)m

今年も新米をいただいたのですが、
今まで使っていた炊飯器が古く、
毎回せっかくの新米が台無しだったので、
新しく新調しました!

それが\_(・ω・`)コレ重要!
アイリスオーヤマの炊飯器、その名も

銘柄量り炊き!

使ってみて気づいた利点と、
少しばかりの気になる点を紹介します!

まず、一番のセールスポイントでもある
「銘柄量り炊き機能」
ですが、利点と気になる点が両方😅

コシヒカリ
あきたこまち
つや姫
ゆめびりか
ひとめぼれ
ヒノヒカリ

全部で6種類の銘柄に対応してるのは便利!
他の銘柄であっても、

↑このように大きくカテゴライズされているので大丈夫です!

銘柄の種類によって炊飯時間を自動調節してくれ、
最適な炊きあがりにしてくれます!

・・・がしかし!農家に直でもらったのは

銘柄がわからない!

という罠があります(笑)
まぁここは尋ねるだけで解決可能です😋

気になる点として、
銘柄を指定して釜にお米を入れると、
必要な水の量が自動表示されるんですが、
エラーになることがあります💧

この機種のウリでもある、
1.7合とか半端な量でも適切な水量が分かる!
なのに活かされないことがあるということで、
ここは気になります・・・

もっとも、自分が使い始めたばかりなため、
機械ではなく自分の問題かも💧💧
慣れると大丈夫なのかなぁ

肝心の味は大満足です!!!
エラーが出たときはやり直せばいいし、
何より自分で水量の目安を知ってれば、
大失敗することはありません。

ここでワンポイント!
水を入れたあと、調理酒を加えるとお米がふっくら炊きあがります!
料亭のご飯にも使われている隠し味だそうです!!

何度か使ってると体が覚えますよ(笑)

しかし!

個人的な一番の利点は

熱源部分とお櫃部分をわけて、
IH調理器具として使えること!

だと断言できます!


↑ここの部分がIH熱源です↑

これによって、ご飯をつぎ終えたら
テーブルに持っていって鍋を置く~とか可能に!!
持ち運びIHがないとこには重宝します✨

高機能な炊飯器として活躍しつつ、
状況に応じてIH熱源になる…

まさに一石二鳥だと思います😋

これから新しい炊飯器を考えている方は、
よかったら参考にしてくださいね💕

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA