真夏より梅雨時期が脱水症状になりやすい!?気候と体の関係を考える☔🌅

スポンサーリンク

こんばんは、HIKAです☔
梅雨入り宣言された初日こそ雨でしたが、
それからは晴れが続きますね~

降らないのはいいんですけど、
不快指数MAXな「高湿度」
これはイヤ過ぎます・・・

今日は、そんなジメジメした梅雨時期に
気を付けておきたい
「脱水症状」について、
HIKAの実体験でわかったことをお伝えします☆

まず、意外と知られていないのが
7月や8月の真夏シーズンよりも、
脱水でダウンする人が多いということ!

なぜかというと、
真夏は汗をかくため、自然と水分をとっています。

今の時期は
「汗をかくほどでも・・・」
という方も多いうえに、オフィスによっては
冷房規制などがあってますよね?

じっさい、HIKAの職場は冷房解禁は来月から・・・
杓子定規に日付で決めてるんですよ!!!

「気温が30℃を超えたらOKとかしろよ!」

「事件は会議室じゃない!現場で起きてるんだ!」

トップに叫んでやりたいです・・・( ノД`)シクシク…

それはともかく、
①汗をかかないことで油断すること
②冷房(環境変化)に体が慣れてないこと

これがあるみたいです!

また、意外と知られていないのが「筋肉」

実は同じ体重の人でも、
筋肉の量によって水分量が違います。

簡単にいうと、
筋肉質な人の方が水分量が多いです!
筋肉が水を貯めているんですね💧

真夏の水着シーズンに向けて、
筋トレ(ダイエット)をすることが、
なんと脱水症状の予防にもつながっているのです🎵

もちろん、一番お手軽なのは
「こまめな水分補給!!!」

HIKAは、学生のころ剣道部でした。
練習中は道着・防具を付けてますんで、
休憩のときしか水を飲むことができません(;´・ω・)

毎年5月の連休明けに大会があったんですが、
その大会に向けての練習中に、
いきなり世界が真っ白になって倒れたことがあります。

まだ5月なので今よりも暑くないし
汗はかきますが、水分は(自分では)取っていたつもりでした。

それでも全然足りてなくて、
脱水症状になってしまいました。
今でも覚えているのですが、

「のどが渇いた~」
みたいな自覚はないんですね・・・
ある限界点を突破したら、
不意にふら~~~っとしてそのまま・・・

周りに人がいたからよかったものの、
これが一人暮らしの部屋のなかとか、
車の運転中とかだったら・・・
そう思うとゾッとします。

アナタ自身はもちろん、
家族や親友など大切な友だちのためにも、
油断しやすい時期を慎重にお過ごしください。

そして、楽しい夏を迎えましょう!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA