夏の天敵!蚊の正しい知識と対処法を知って、今からの季節を乗りきろう!

スポンサーリンク

おはようございます、HIKAです🌻
今日の九州地方は雲がない快晴・・・
じっとしているだけで汗が出ます💧💧

こう熱くなってくると気を付けたいことがふたつ。
ひとつは熱中症🌅
こまめな水分、適当な塩分補給、
エアコンでの温度管理ですよね!

もうひとつは

夏の風物詩とも言える奴の到来です!

「プーーーーーン」

耳元で鳴ると
「イラッ(# ゚Д゚)」
こうなっちゃいますよね?

熱中症も蚊も正しい知識が大切です!
しっかり勉強して、
少しでも不快さを取り除きましょう!

まずは蚊の生態から。
大きく分類すると2種類の蚊が日本にはいます。

主に野外で活動する「やぶ蚊(通称)」
この蚊の適正活動温度は約30℃
日中に活動しています。

次に、屋内で活動する「いえ蚊(通称)」
適正活動温度は約25℃
主に夕方~夜に活動します。

・・・まさに今の気温(室温)とマッチしますよね!?
昼も夜も気が抜けません(;´・ω・)

次に蚊の行動。
血を吸うのは産卵前のメスだけです。
オスはまったく吸いませんし、
普段は花の蜜や樹液をエサにしています。

迷惑な「かゆみ」の原因。
蚊が血を吸うときに血中に流しこむ「唾液」の成分が、
アレルギー反応を起こすためです。

そのため、血を吸っている蚊を叩いてしまうと、
血中に多くの唾液が残ります。
けっか、より多くのアレルギー反応が起こります。

その場で瞬殺したい気持ちをグッとこらえて
蚊が血を吸いきるまで待ってから天罰を与えましょう(笑)
血を吸いきるときに自分の唾液も回収していきます。

次に、蚊の行動範囲。
やぶ蚊もいえ蚊も、
基本は待ち伏せ戦法です!

同じ場所にじっとしていて、
エサの方から近寄ってくるのも待っています。
寝ているときに複数刺されるのは、
同じ蚊が満腹になるまで刺しているかもしれません💧

蚊は飛んでいるとき
「上下にホバリングしながら飛行」
しています。

飛んでいる蚊を滅殺するときは、
手を横に動かすのではなく縦に動かすといいです!
蚊はとっさに左右へ避ける~なんてできません。

「パン!!!」
とやるときは、縦にしましょう!

また「蚊に刺されやすい行動」にも注意です!
お酒を飲む(二酸化炭素が出るため)
体温が上がる
汗をかく
これらは蚊の大好きな行動です⚠

蚊は色盲なため、モノクロの視界しかありません。
黒、青、ムラサキといった
「黒に近い色」
に反応するため、これらの色は避けましょう!

・・・ちなみに、
世間一般で言われている血液型による違いはありません(笑)

ただし化粧をしていると刺されやすいです。
化粧品の成分に蚊が反応するから。
あと、刺された痕をかいてしまうと皮膚を傷つけ、
細菌感染を引き起こすのでガマンしましょう!

予防策で防虫スプレーをするとき、
「シューーーーー」
だけで終わらずに、手で塗り広げることが大事!
汗をかいてしまうと落ちてしまうので、
こまめに塗りましょう!

顔に塗るときは手にスプレーを吹きかけて、
まんべんなく顔に塗るといいですよ!

・・・これくらい知識を持っていると、
ずいぶん違うのではないでしょうか???

HIKAも魚釣りに行くと毎回刺されます(# ゚Д゚)
長袖の上からでも刺してくる奴らの根性・・・
ある意味あたまが下がりますね(笑)

「蚊が大好き💓」

・・・という人は少ないでしょう。
これからの季節を少しでも快適に過ごすべく、
予防と対処に努めましょう☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA